年齢別にチェック!薄毛対策

女性にとって大きな悩みとなる髪の毛の悩み…皆さんはどのように対処しているでしょうか。
特に今回は、年齢別の薄毛対策について、ご紹介していきます。

まず、20代前半の女性が薄毛になる理由ですが、その多くが、ストレスや過度なダイエット、生活習慣の乱れによって引き起こされます。
まずはご自身の生活環境を見直し、ストレスを軽減し、食生活、生活リズムを整えるよう努力しましょう。

もしも、遺伝などの要因が考えられる場合は、この時期から育毛剤を使うなどし、対処しておくと薄毛の進行をとめることもできます。
20代後半からの薄毛は、加齢による可能性も少し上昇しますが、やはりストレスや生活習慣の乱れが主な要因と言えるでしょう。

ため息をつく女性


30代前半は、出産や育児による薄毛に悩む女性も増えます。
これは一時的なものなので、あまり気にすることはありません。
もしそれ以外の理由で薄毛が気になる場合は、本格的な治療を始める時期といえます。

病院で処方された薬を服用したり、スカルプケア用品を試してみたりするのも良いでしょう。
30代後半は、女性ホルモンの分泌が減少してきたことで、薄毛になりやすい時期です。
加齢も伴い、早めの対処が重要になります。

40代で薄毛が気になり出す場合、加齢による要因がほとんどです。
すぐにでも対策をしておかないと、薄毛の進行は早く、毛根が死滅してしまうので、注意が必要です。
病院で治療をするなど、本格的な対策が必要です。

それ以降は、回復能力が乏しくなるので薄毛がこれ以上進行しないよう予防に重点を置き、対策をすると良いでしょう。

ポリピュア

女性の薄毛対策におすすめの育毛剤

育毛剤と一口に言っても、その種類は多種多様です。
昔までは塗るタイプの育毛剤がメジャーでしたが、近年では飲むタイプの育毛剤もあるようです。

しかし、飲むタイプの育毛剤には、病院で処方されるものもありますが、AGA用に開発されたものは女性にとって安全ではないため、処方されないようです。
女性にも使用できる医薬品もあるので、病院で治療する際は相談してみましょう。

市販品の飲む育毛剤は、サプリメントが多いです。
体の内側から髪の毛をケアするタイプなので、効果は穏やかですが、体質改善には効果的です。

次に、塗るタイプの育毛剤ですが、こちらも種類が様々あります。
頭皮を保湿し、植物エキスなどで肌を健康に維持するタイプの育毛剤は、主に女性向けと言えます。
乾燥肌の方、フケの出やすい方は、こちらのタイプがおすすめです。

全身脱毛 おすすめ

皮脂の分泌を抑えるタイプの育毛剤は、男性に効果の高い育毛剤と言えます。
女性でも、脂性の方は、効果を発揮するでしょう。

毛根に栄養を与えるタイプの育毛剤は、ビタミンやアミノ酸を配合しており、発毛のための細胞分裂を助けます。
髪の毛を健康にしたり、発毛を促したりするので、一番効果を期待できる育毛剤と言えるかもしれません。
初めて育毛剤を使用する女性にもおすすめです。

冷え性や肩こりがある女性におすすめの薄毛対策は、血行を促進するタイプの育毛剤がおすすめです。
血流が悪くなっていると、髪の毛に栄養が行き渡らないため、血行促進が薄毛対策になります。
ドラッグストアなどで売っている育毛剤のほとんどが、この効果を含んでいます。

そのほか、インターネットで評価の高い育毛剤では、女性ホルモンの作用に近い成分を配合しているものもあります。
育毛剤を選ぶ際は、添加物が極力少ないものを選ぶと良いでしょう。

頭頂部 はげ 育毛剤

生活改善で薄毛や抜け毛を解消しよう

薄毛や抜け毛には、生活習慣が大きく関係しています。
薄毛を病気とするならば、薄毛は、生活習慣病のひとつと言っても過言ではないかもしれません。

しかし、生活習慣を見直しましょう、と言われても、一体何から改善して良いか分かりませんよね。
まずは、身近なところから改善し、5年後の髪の毛につなぎましょう。

1日のスタート、朝目覚めたら、まずはコップ1杯の水を飲みましょう。
これは、就寝時に失われた水分の補給でもありますが、血液の流れをスムーズにする効果もあるため、髪の毛に栄養が行き渡りやすくします。
そして、朝のうちに血行促進のための頭皮マッサージを行いましょう。

そして、日中ですが、外で活動する場合は帽子をかぶるなどし、紫外線ダメージから頭皮を守りましょう。
帽子の中で髪の毛が蒸れる場合は、こまめにタオルでふき取ります。

食事をする女性

女性の多くは、運動不足でもありますので、デスクワークなどで座って過ごすことの多い方は、適度なストレッチを行いましょう。
時間に余裕のある方は、有酸素運動を1日30分以上行うと薄毛対策に繋がります。

食事は、女性ホルモンの働きに似たイソフラボンや、血行促進に効果のあるビタミンAやビタミンE、新陳代謝を向上させるビタミンB群を積極的に摂りましょう。

夜になり、入浴時は髪の毛のために多くのことを注意します。
シャンプーの仕方を見直し、正しいシャンプー法を学ぶと良いかもしれません。

ドライヤーの掛け過ぎは良くありませんが、髪の毛が濡れたままで就寝するのも髪の毛に良くありません。
しっかりタオルドライした後、短時間でドライヤーを使用し、8割乾いたら、自然乾燥をするようにしましょう。

葉酸サプリ 効果